トラブルが起こらないように注意

>

隣人とコミュニケーションを取る

あいさつをする意識を持つ

引っ越してきたら、まずは隣人にあいさつをしてください。
それが当たり前のマナーです。
あいさつもしないと、不審な人物だと思われてしまいます。
トラブルが起こりやすくなるので、隣人にあいさつをすることは忘れないでください。
回覧板が回って来ることがあると思いますが、なるべく手渡しをするように心がけてください。

お互いの顔を見て回覧板を渡すことが、コミュニケーションになります。
廊下ですれ違った時も、笑顔であいさつをしましょう。
するとこちらの印象が良くなるので、トラブルを回避できます。
人見知りをする人は難しいかもしれませんが、会釈をするだけで良いので取り組んでください。
次第に、あいさつができるようになります。

困った時に助けてくれる

災害が起こった時は、助け合うことが大切です。
しかし普段からコミュニケーションを取っていないと、誰も手を差し伸べてくれません。
災害以外でも困ったことがあれば、隣人の力を借りなければいけないかもしれません。
あいさつをしっかりしていれば、どんな時でも力を貸してくれると思います。
毎日あいさつをすることでトラブルを避けるだけでなく、そのようなメリットも生まれます。

短い期間しか、賃貸マンションやアパートで暮らさない場合があります。
すると隣人とコミュニケーションを取る必要はないと思っている人が見られます。
しかし短い期間でも、何が起こるかわかりません。
隣人とコミュニケーションを積極的に取って、デメリットはありません。


TOPへ戻る