トラブルが起こらないように注意

賃貸マンションやアパートで起こりやすい隣人トラブル

起こりやすいトラブルがある

こちらの生活音が隣人に伝わって、トラブルが発生するケースが多いです。 賃貸マンションやアパートで暮らしているのは、自分だけではないと理解してください。 夜中に騒ぐことは、絶対にしてはいけません。 掃除機や洗濯機など、家電の音にも気をつけましょう。

生ゴミをしっかり処理しよう

悪臭が原因で、隣人とトラブルが起こるかもしれません。 特に生ゴミは悪臭が発生しやすいので、注意してください。 定期的に捨てていれば、悪臭が発生することはありません。 タバコを吸う人は、隣人に煙が届かないよう考慮しながら吸いましょう。 ベランダで吸うのは、おすすめできません。

うるさくしないように気をつける

賃貸マンションやアパートでは、隣人と騒音トラブルが多いので気をつけてください。
自分は静かにしていたつもりでも、隣人に生活音が伝わってしまう可能性があります。
特に子供の足音や、ペットの鳴き声などに注意してください。
夜中に騒ぐと、寝ている隣人に大迷惑なので絶対に避けましょう。
入居する前に、壁の厚さを確認するといいですね。
壁が薄いと感じたら、騒音トラブルが起こりやすいので避けてください。

臭いも、隣人トラブルの原因になります。
生ゴミを捨てずに溜めておくと、臭いが発生します。
また、生ゴミに虫が寄って来て、隣人にまで被害が出るかもしれません。
臭いのトラブルは被害が大きいですし、すぐ綺麗な状態にするのは難しいです。
定期的に生ごみを捨てて、臭い対策をしてください。
喫煙の臭いも、気になる人が多いです。
煙は風に乗って広がっていくため、部屋の外で擦っていると近隣に流れていきます。
ベランダでは吸わないでください。

マナーが悪いことで、隣人とトラブルが起こるケースが見られます。
あいさつができていない、ゴミ出しのルールを守らないなど基本的なことが原因です。
きちんと隣人と会ったら、あいさつをすることを心がけましょう。
コミュニケーションを取っていることで、困った時に助けてもらえます。
賃貸マンションやアパートなどの、集合住宅で暮らす場合は近所付き合いも意識しなければいけません。
人見知りをする人でも、あいさつぐらいはしましょう。

隣人とコミュニケーションを取る

隣人とあいさつができていないことが、トラブルの原因になることがあります。 廊下などですれ違った時に、無視するようなことはしないでください。 あいさつをするだけで良いので簡単です。 普段からあいさつをすることで、いざという時に助けてくれるはずです。

TOPへ戻る